PM事業

従来型の管理会社とプロパティマネジメント(PM)会社の違い


あなたがオーナーならどちらの会社を選びますか?

プロパティ・マネジメント(PM)発想のない
賃貸管理会社
プロパティ・マネジメント(PM)発想のある
賃貸管理会社
  • テナントからの仲介手数料が売上げのメイン(入居者が繰り返せば繰り返すほど儲かる)
    ⇒ 仲介物件が増えるので、入居者の解約が実は歓迎である
  • オーナーとの利益相反行為がある管理業より仲介業がメイン
  • 「空室」に対して鈍感
  • 建築プロデュースに消極的
  • 定期借家権の活用に消極的レポーティングをする余裕がない
  • オーナーからのマネジメントフィーが売上げのメイン(空室が出れば収益が下がる)
    ⇒ 稼働率が低下するので、入居者の解約を好まない
  • オーナーとの利益相反を排除する
  • 管理業(プロパティ・マネジメント)がメイン
  • 積極的に「空室」対策に取り込み、オーナーの利益の最大化を図る
  • 新築・中古の建築プロデュースに積極的
  • 通常の建物賃貸借に定期借家権を活用トラックレコードの発行をする
  • クレーム処理のレポートを発行する

(主に仲介を主たる業務にしている会社という想定)



上記でお分かりのように、プロパティ・マネジメント(PM)発想のある賃貸管理会社は

  • オーナー様の収益を何より優先する。
  • 賃料収入確保はもちろん、資産価値の維持・向上にも力をそそぐ。
  • リスク回避、経営改善の最適アドバイスをする。

あなたがオーナーならどちらの会社を選びますか?